インドのムンバイ(ボンベイ)で、こんなふうに暮らしています。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドに来てからハマったお惣菜がこれ(写真)です。
もともとオクラは好きでしたが、茹でてお浸し風、和え物、ガンボ、味噌汁の具で食べることが多く、今まで炒めて使ったことはありませんでした。
オクラとトマトを使ったこの料理は、インドでは一般的なお惣菜で、初めシャロンが作ってくれたのですが、炒めた玉ねぎの甘さとトマトの酸味にスパイスが加わり、それがオクラととても合って、後を引くおいしさなのです。材料も手に入りやすいし作り方も簡単なので、シャロンがいないときにもたびたび作っています。
チリを効かせるとビールとも相性が良く、日本人の友人は「ターメリックは肝臓に良いんだ。」と言ってこれをアテにして飲んでいます^^。

オクラとトマトの炒めもの

レシピはこちら↓
■オクラとトマトの炒め物■(6人分)
★オクラは、柔らかすぎるのは好きではないので、ウチでは少し歯ごたえを感じるくらいで火を止めます。

【材料】
玉ねぎ           小2個(繊維に沿って薄切り)
フレッシュグリーンチリ   1本~(種ごとみじん切り)※辛いのが好みの人は2本で
オクラ           400~500g(へたの部分を切り取り、1本を半分に切る。)
トマト           2個(皮をむき、みじん切り)※熟したものを使う
塩             小さじ1/2
クミン(粉末)       小さじ1/2
ターメリック(粉末)    小さじ1/2

【作り方】
【1】フライパンに少量の油を熱し、玉ねぎ・チリを入れ、玉ねぎが薄く茶色になるまで強めの中火で炒める。

【2】【1】にオクラ・塩を加え、ざっと混ぜながら1分程度炒める。

【3】【2】にクミン・ターリック・トマトを加えてざっと混ぜたら蓋をする。時々混ぜながら、オクラが柔らかく(好みの固さに)なるまで火を通す。出来上がり^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと・・
サワディ~カ~
こんなに簡単でええの?

今度、オクラ見つけたら作るわ、
いつも、さっと湯通しして・・・鰹節やったゎ、
炒めても、塩・胡椒・・・・やってみる!
2006/02/14(火) 10:25 | URL | takoome #-[ 編集]
takoomeさん
これ、ほんと簡単でお奨めです。
好みで塩の量を加減してくださいね^^。
鰹節があったら、湯通しして鰹節をまぶしてポン酢で食べるのも好きです^^。
2006/02/15(水) 04:00 | URL | Pumpkin-R(パンプキン) #-[ 編集]
おいしかったゎ~
サワディ~カ~
ほんの30分ほどの出来事でした。
作って・・・食べて・・・・
おいしかったゎ、旦さんと二人の昼食やった。こりゃぁ、子供等にも作ってあげんといかんです。
また、オクラ買ってきます。
2006/02/20(月) 14:53 | URL | takoome #-[ 編集]
takoomeさん、
作ってくださったんですか?!ありがとうございます!
お口に合ったようでうれしいです^^。
このレシピ、辛くするとビールにも合うし、冷めてもおいしいのでウチの冷蔵庫の常備菜になりつつあります。
2006/02/21(火) 03:44 | URL | Pumpkin-R(パンプキン) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humptypumpkin.blog40.fc2.com/tb.php/53-195d66d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。