インドのムンバイ(ボンベイ)で、こんなふうに暮らしています。

2005/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/01

2005/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/01

2005/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/01

2005/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/01

2005/12 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドに来て、ぜひ挑戦してみたいと思っていたレシピの1つ、サモサを作りました。

私としてうれしかったのは、メイドのシャロンのレシピが私が今まで食べたサモサの中で最もおいしかったことです。

今まで食べたサモサは、生地がどっしりと重いものや油でギトギトしているものが多く、1個食べるとお腹一杯になってしまうのに比べ、彼女の作るサモサは、生地がサクサクして重くないので食べやすく、付け合せのミントチャツネとの相性も良くて、ついもう一個と手が伸びてしまうような、ぜひとも覚えたいレシピでした。

シャロンに教えてもらいながら作ったのですが、生地作り・フィリング作り・サモサの成形と、全部まとめてやろうとすると時間がかかりますが、作業自体はそれほど難しくないレシピです。

揚げる前段階まで作っておいて、冷凍保存できるので、ウチではいつも多めに作るようにしています。

BeefSamosa

サモサとシャロン特製のミントシャツネのレシピはこちら↓

■サモサ(ひき肉入り)■( 6人分 )

★冷めても生地がサクサクしていて重くならず、おいしく食べられます。
★揚げる手前の段階まで作って冷凍保存もできます。冷凍庫から出して自然解凍してあげてください。
★さっぱりしたミントソースがひき肉入りのサモサによく合います。

【材料】
【サモサ生地】
小麦粉          500g
塩            小さじ1
マーガリン(orバター)  175g
水            150ml
【サモサの具(フィリング)】
バター          大さじ1
玉ねぎ          小1個
クミンシード       小さじ1/2
牛ひき肉         250g
フレッシュグリーンチリ(細かいみじん切り) 1本
塩            小さじ1
グリンピース(茹でたものor缶詰)      125g
コリアンダーの葉(みじん切り)       小さじ1
胡椒           適宜

【作り方】
【1】生地作り: 大き目のボウルに小麦粉と塩を入れる。

【2】生地作り: マーガリンを細かくカットして、1のボウルに入れ、指で掻き混ぜて細かいクランブル状(そぼろ状)にする。

【3】生地作り: 2に水を加え、全体を良く混ぜ合わせ、滑らかな生地状になるまで捏ねる。生地が出来たら湿った布をかけて休ませる。

【4】フィリング作り:フライパンにバターを熱し、玉ねぎとクミンシードを中火で時々掻き混ぜながら5~7分程度、炒める。

【5】フィリング作り:4に牛ひき肉を入れ、チリと塩も加え、弱火にしてゆっくり掻き混ぜながら10分程度炒める。

【6】フィリング作り:5にグリンピースを加え、中火で水分を飛ばしながら5分程度更に炒める。

【7】フィリング作り:フライパンを火から下ろし、コリアンダーと胡椒を加えて混ぜ、冷ます。

【8】サモサ成形:サモサ生地を12等分し、それぞれを直径18cmの円形に薄く伸ばし、さらにそれぞれを半分にカットして、半円形の生地を24個作る。
※すぐに使わないとき、サモサのフィリングを包む工程に入るまで、湿った布をかけて休ませておく。

【9】サモサ成形:半円形のサモサ生地の縁に牛乳を塗り、それを半分(コーン型)に折ってサモサの具を入れ、縁を留める。

【10】揚げる:フライパンに油を熱し、生地がきつね色になるまで揚げ、キッチンペーパーなどに取って油を切る。できあがり。
シャロン特製ミントチャツネと一緒に召し上がれ^^


■シャロン特製ミントチャツネ■

【材料】※1cup=200cc
ミント 1cup~好みで
生姜 1~1.5cm角(皮を剥く)
ライム汁 大さじ1.5程度
クミン(粉末) 小さじ1/4
フレッシュグリーンチリ 1本(種を取り除く)
塩 小さじ1/4~好みで
水 大さじ1~1.5※好みで。なくてもよい
【作り方】
材料を全てミキサーにかけ、滑らかになるまで攪拌する。出来上がり^^。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
美味しそう・・・・
サワディ~カ~
最近、食べ疲れ気味、なんか・・もぉちょっと軽く、

そぉ、こんなサモサがう~ん、2個とサラダ! 庭の木陰で・・・・

作ってみれば、きっと、あっとゆう間に消えていくんだ。
ゆっくり・・・なんてしてられない。
そぉそぉ、この時期、こっちは蚊が多いから気を付けてね、
2006/01/20(金) 12:07 | URL | takoome #-[ 編集]
はじめまして
こんにちは。salahiさんのところでよくお見かけしていました。
履歴の足跡から飛んできました。

サモサ、とっても美味しそうです。じゃがいもが入ったボリュームたっぷりのサモサしか知らなかったので(イモが重すぎて1つ食べたらお腹いっぱい・・・)、このサモサならサクサク食べられそうですね。

また寄らせていただきます♪
2006/01/20(金) 17:50 | URL | 秋空 #-[ 編集]
これも美味しそうです!
ミントのチャツネとのコンビネーションも最高でしょうね。
サモサにつけるのはこのチャツネが多いですか?日本のインドレストランでも緑のソースと一緒に出て来たのを思い出しました。

ケーキについての説明もありがとうございました!アメリカってインスタントものを組み合わせたレシピがよくありますよね。面白いので興味津々です^^
プディングミックスでしっとりするんですね。是非試してみたいです!
2006/01/21(土) 01:00 | URL | salahi #-[ 編集]
takoomeさん、
最近私は、ソムタム食べたい病です。
甘酸っぱくて辛いって、インドにはない味なので、タイに行くことが具体化したとたん、無性に食べたくなってきました。
あと、和食(お寿司・お刺身・白子・あん肝←あ~、オヤジ舌をさらけ出してますが、大好きなんです~!)
バンコクのタイ料理や和食のレストランでtakoomeさんのお奨めのレストラン等ありましたら、教えていただけますか?

>蚊
日本製の「○ヒ」持参で行きます!
そうですよね。確かに私が行ったときも蚊が多かった記憶が。私じゃなく、相方が私の分まで刺されてました^^;。
2006/01/21(土) 01:16 | URL | Pumpkin-R(パンプキン) #-[ 編集]
秋空さん、
初めまして!
私も秋空さんのお名前をお見かけした記憶があります、、^^;。
こちらに遊びに来ていただいてありがとうございます!

これからもどうぞよろしくおねがいします^^。

2006/01/21(土) 01:29 | URL | Pumpkin-R(パンプキン) #-[ 編集]
salahiさん、
レストランではサモサを頼むと大抵このミントチャツネが出てきます。
味は、コリアンダー入りや、玉ねぎ入りのものもあって、微妙に変わるのですが。

シャロンは、具が肉系のサモサにはこのミント系ソースを使いますが、ジャガイモを入れるベジタリアンサモサにはスィートチリソースを付けます。
好みだそうですが、私はその組み合わせが結構気に入ってます。

>ケーキ
ほんと、アメリカってインスタントものを組み合わせたレシピをよく見かけますよね。
インスタントのプディングMixを入れると、その味も微妙に感じられるのですが、その味が好まれる(!)のと絶対に失敗しないという点からアメリカにいた頃、ポットラックでよく作りました^^。
2006/01/21(土) 01:40 | URL | Pumpkin-R(パンプキン) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/01/21(土) 23:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humptypumpkin.blog40.fc2.com/tb.php/35-c416a9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
6月に、ブログ仲間の皆さんのレシピで作らせて頂いた料理達です。パンプキンさんのレシピでビーフフィリングのサモサとコーンパフ。添えてあるソースは手前がミントチャツネ、奥のはタマリンドとデーツのチャツネ&ヨーグルトです。写真に写ってるものの他に、まだま...
2007/07/05(木) 17:08:27 | ギリシャのごはん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。