インドのムンバイ(ボンベイ)で、こんなふうに暮らしています。

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真は、ドビー・ガット(洗濯場)と呼ばれるウチから車で15分ほどのところにある洗濯場です。
少し前の話になりますが、年明けに義理の両親がアメリカから遊びに来ていて、一緒にムンバイを始めインドを観て周ったのですが、この写真もそのとき(2月)に撮ったものです。
現在は雨が降り始めたので確認できてないのですが、この時期ここで働く人たちはどうしているんだろうとふと思い出したのです。

ドビーガット1

インドのカースト制は身分や職業と結びついて細分化されており、ここではドビー・カースト(洗濯を生業とするカースト)の人々が働いています。
洗濯カーストはその中でもさらに「洗い」「絞り」「乾燥」などに分けられるのだそうです。

洗濯場では、色物と白いものとを洗う場所が分かれていて、それぞれの場所でブラシや洗濯板等は使わず石の水溜めのヘリに洗濯物を叩き付けるようなやり方で洗っていきます。

白いものには漂ってくる匂いからして漂白剤を使っていると思うんですが、インドの洗剤は漂白剤だけでなく全般にとても強くて、私は触れただけで指の皮が剥けてきてしまうものもあるんです。
それを使って素手で何百枚も洗っていくのは大変な重労働だと感じました。

ドビーガット2


また、2月はムンバイは乾季で比較的過ごしやすい時期とはいえ、インドの日差しを受けながら日除けのない場所で長時間立っているのはさすがにキツイです。
私たちが見ていたのは15分か20分くらいだったと思いますが、この環境で終日働くドビー(洗濯人)は過酷な仕事だと思います。

ドビーガット3

沢山の洗濯物が風になびいて干されていますが、驚いたのはこれ、洗濯ばさみを使ってないんですよ。
2本のロープをねじるように編んで、ねじれの部分に洗濯物の端を挟んで干してるんです。
洗いあがった洗濯物を次々と器用に干していく様子を見て感心してしまいました。

ブログ村に参加しています。
「へぇ~、洗濯カーストなんてあるんだ。」なーんて思ってくださった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです(^^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
写真は、先日ブログ仲間のsalahiさんの記事で拝見してからハマっている「和風たまごサンド」です。

salahiさんの和風たまごサンド

これ、レシピを見たときから「私好みの味だわ~^^。」とすぐに作ってみたんですが、思ったとおり美味しくて、以来朝食にランチにたびたび作っています。
鰹節に醤油の代わりにポン酢をかけても美味しかったです。

ところで、私の作ったサンドイッチ、ムンバイではきゅうりの皮を剥かなくちゃいけないし、黄身の色も薄いので、きゅうりと卵の境目が分からない何だか見た目があまりきれいじゃないものになってしまってますね、、。
しかも、いつもオープンサンドで食べているのを無理やりサンドイッチ風にしたので具が卵を境に対称的になってます、、、。でも、これ、おいしいんですよ~。
どうぞ皆さんsalahiさんの記事で出来上がりを確認してくださいね^^;。

本当にここ数日たびたび作っていたので、ウチにあった海苔を全部消費してしまいました^^;。
今週末ウチでホームパーティするんですが、海苔巻きをリクエストされてしまい、ちょっとピンチです。
海苔を入手しなければ。
ムンバイ在住の方、どなたか海苔余ってませんか~?笑

海苔ですが、おかげさまでホームパーティには十分過ぎるほどの量をいただきました。ご提供いただいた皆さん、貴重なものをありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。