インドのムンバイ(ボンベイ)で、こんなふうに暮らしています。

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

2007/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2007/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、インド人の友人と出かけたときに「野菜を買いたいからちょっと停めてくれる?」と彼女が車から降りて買ってきたのがこれ(写真)です。50~60cmくらいあります。
「何これ?」と言う私に彼女が2本分けてくれました。

これは、インドで「シン」とか「ドラムスティック」と呼ばれている野菜だそうです。
インドでは一般的な野菜だそうですが、ご存知だった方いらっしゃいますか?
私はこのときまで見たこともありませんでした^^;。

ドラムスティック1

家に帰ってシャロンに見せたらさっそく料理してくれました。
このシン、皮が固く、緑の部分を剥いてもさらに固い繊維質があって噛み切ることができません。
カレーに入れて煮たりして食べます。柔らかくなった種を含む内側の部分を歯でこそげるように食べ、固い繊維の部分は食べずに捨てるそうです。

ドラムスティック2

シャロンによると、このシン、12月が旬で、そのときは近所の八百屋で買うと5本5ルピー(約15円)、今だと2,3本で5ルピー(約15円)するそうです。
「シャガル」と呼ばれる木につららのようにぶら下がって生るそうで、彼女の実家の近所にその木があるので、お金を出して買い求める気にはなれないらしく、実家に帰ったときにだけ食べるそうです。

今回は写真(↓)のカレーを作ってくれました。ココナツフレークとトマトで煮込むカレーです。
シンの可食部分は瓜の味に似ていて、味そのものは悪くないと思いました。
ただ、食事を手を使って食べるインド人はこのシンの端を持って口に入れ、そのまま歯でこそぎ食べた後簡単に殻(というか外側の固い部分)を捨てられますが、フォークやスプーンで食べるのは食べづらいな~と感じました。いったん口に入れたものを出すというのもちょっと抵抗がありますね^^;。

ドラムスティックカレー

こういう食べ方をする野菜、他に知らないです。
インドに来て初めて知った野菜の1つでした。

ブログ村に参加しています。
「こんな野菜があるのね~。」なーんて思ってくださった方、
↓クリックしていただけると嬉しいです(^^*)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。