インドのムンバイ(ボンベイ)で、こんなふうに暮らしています。

2006/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/04

2006/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/04

2006/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/04

2006/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/04

2006/02 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2006/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オートコー市場の後、Takoomeさんのご自宅にお邪魔し、夜にはTakoomeさんのご家族も一緒に「プー・パッ・ポン・カリー(蟹のカレー炒め)」で有名な「ソンブーン」というシーフードタイ料理のお店に行きました。タイ料理を食べるときには人数が多いほうがいろいろ頼めるし、何より楽しいです^^。
食べたのはこちら↓※ピントが合ってない写真が多くてすみません。料理を前にしてすっかり興奮してました^^;。

ソンブーン

●「ホーイ・ナンロム(生牡蠣)」
タイではスパイシーな薬味やソースと一緒に出されます。手のひらサイズもあるこんなに身がぷりぷりの生牡蠣を食べたのは久しぶり!しかも身が甘いんです(T^T)。幸せ~♪
●「トート・マン・プー」
蟹のすり身を揚げたもの。ビールが進みます。
●「パック・ブン・ファイデーン」
空芯菜の炒め物。シンプルですが、飽きの来ない味です。私の大好物。
●「クン・オプ・ウンセン」
エビの土鍋蒸。エビの他に出汁に豚や鶏も入っていて、春雨に染みたソースがおいしい。
●「クン・パッ・ポン・カリー」
プー(蟹)で作ったものが有名ですが、今回はTakoomeさんのお奨めでクン(エビ)で。エビの身がぷりぷりで食べ応えがあり、「プー・パッ・ポン・カリー」よりこちらのほうが気に入りました。
●「クン・パオ」
エビに大量のガーリックソースがかかってビールとものすごく合います。オットが「独り占めしたいほどおいしい(T^T)」と絶賛。

おまけに、店の外で焼いていた豚の丸焼き。メニューにあったので、誰かが注文したんでしょうね。無限のバリエーションがあるタイ料理、見るだけで元気が出ます。

barbecuepork

Takoomeさん、おいしいものをいろいろ教えていただいて、本当にありがとうございました。
しかも、「ドマテスサルチャ」までお土産にいただいてしまいました!ミートソースに一度試してみたかったんです!大切に使います!

実は、バンコク最終日の晩御飯に和食料理店に行こうと計画していたのですが、私はここの生牡蠣、オットは「クン・パオ」が忘れられず、「クン・パッ・ポン・カリー」ももう一度食べたかったので、和食をパスして最来店してしまったのでした。
ええ、生牡蠣、また食べましたよ。私一人で4つも!(笑)

バンコクで身も心も栄養を蓄えて、これでインドでまた元気に生活出来そうです。明日からは、またムンバイでの生活を紹介していきます^^。

At the end of the day, we went with Takoome-san and her family to a restaurant called Somboon. Somboon is very famous for its seafood, and because we went as a group, we had the chance to try a lot of different dishes, as well as enjoy good conversation and good company. It was a delightful evening. I couldn't get the food (especially the plump raw oysters!) out of my mind, and my husband had a number of favorites as well, so we ended going there again for dinner our last night in Bangkok! It was a great dinner to end our vacation.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。